心理学実験等用ボイスキー「SV-1 Voice Key」

■こちらは、2017年7月5日に投稿された記事のため、情報の内容が古い可能性があります。

ユニポスWEBサイトに、心理学実験等用ボイスキー SV-1 Voice Key のページを追加しました。

SV-1 Voice Key は、音声による反応を必要とする実験用の反応入力装置(ボイスキー)です。被験者の音声レベルを常時モニタリングし、指定したしきい値を上回った場合にそのデータをコンピュータに送信します。

※ユニポスでも取り扱いのある心理学実験ソフト SuperLabE-PrimePresentationInquisit などに対応しています。

【特徴】

・様々な心理学実験関連ソフトウェアに対応
・オープンソースの C++ および Pythonライブラリ
・イベントマーカーを送信するための6つのTTLライン
・バッテリー駆動

【対応アプリケーション/ライブラリ】

Applications
-SuperLab
-E-Prime
-PsyToolkit
-EyeLink Experiment Builder
-Presentation
-Inquisit

Libraries
-The commands that SV-1 accepts are public. Cedrus publishes and maintains Python and C++ code libraries.
-Matlab support can also be found on the Internet.

ユニポスでは他にもCedrus 社製の心理実験等での反応入力用ボタンボックス RB Series Response Pads ERP/EEG・アイトラッキングデータ同期ソリューション StimTracker といった製品も取り扱っております。

Cedrus 社の取り扱い製品一覧はこちら