内部線量測定のためのソフトウェアスイート「IMBA (Integrated Modules for Bioassay Analysis)」

■こちらは、2017年11月29日に投稿された記事のため、情報の内容が古い可能性があります。

ユニポスWEBサイトに、内部線量測定のためのソフトウェアスイートIMBA (Integrated Modules for Bioassay Analysis) のページを追加しました。

IMBA (Integrated Modules for Bioassay Analysis) は、Public Health Englandにより開発された、内部線量測定・計算のためのソフトウェアモジュールスイートです。

特定の摂取量からの線量の計算、バイオアッセイ測定からの摂取量の推定、与えられた摂取量からのバイオアッセイ量の計算といった内部線量計算を行うためのベースユニットと、さまざまな機能を追加する全11種のアドオンで構成されており、用途に応じて以下3種のライセンス形態がございます。

【ライセンス形態】

IMBA Lite
– Base unit / 75種の放射性核種に対応
– Additional Radionuclides (Pack 1) / 62種の放射性核種
– Additional Radionuclides (Pack 2) / 603種の放射性核種

IMBA Plus
IMBA Liteの機能に加え、以下のアドオンが追加されたパッケージ
– Multiple Intake Regimes (Add-On)
– Multiple Bioassay Types (Add-On)
– Associated Radionuclides (Add-On)
– Uranium Mixtures (Add-On)
– Uptake from Wounds (Add-On)

IMBA Pro
IMBA Plusの機能に加え、以下のアドオンが追加されたパッケージ
– Errors on Intake (Add-On)
– Bayes Implementation (Add-On)
– Tritium Tool (Add-On)
– Compensation Type Calculations (Add-On)
– Ingrowth of Americium (Add-On)
– Statistics Package (Add-On)