深度/RGBがグローバルシャッタータイプのRealSenseデプスカメラ 「Intel RealSense Depth Camera D455」

ユニポスWebサイトに、深度/RGBがグローバルシャッタータイプのRealSenseデプスカメラ Intel RealSense Depth Camera D455 を追加しました。

D455デプスカメラは、従来のDシリーズ(D435/D435i)よりも長距離かつ高精度、そして屋内/屋外の両方のアプリケーションに対応したステレオベースのデプスカメラです。RGB/深度はともにグローバルシャッタータイプで、より高い品質の3Dスキャンができます。 また搭載されたカメラの最適範囲は 6m(最大深度20m)と従来モデルと比べても距離が長く、視野角も86°と広範囲になり、 開発者はビジョンベースのソリューションの設計に活用できます。

例えば自律型ロボットなどの運動体にD455を搭載する場合、挙動を動的に計測・制御が必要です。 IMUを搭載しあらゆる状況での奥行の認識、かつ D455の目(カメラの広い視野と長い距離)は、変化する環境をいちはやく察知し、より安全な衝突回避へと役立てます。

D455は開発者向けのカメラとして、ロボット工学はもちろん、デジタルサイネージ、体積測定やヘルスケアアプリケーションなど様々な用途での利用が期待できます。

 

研究開発者向け海外製品調達・コンサルテーションサービス「ユニポス」ではこれまで多くの RealSense シリーズを取り扱ってきましたが、RealSense D455につきましてもお取り扱いいたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

D455の概要

主な特徴:

・対象範囲が広がり精度も2倍(従来のDシリーズと比較)
・IMU(6DoF)搭載(Gyro & Accelerometer)
・深度カメラ、RGBカメラの双方がグローバルシャッタータイプ
・複数のカメラを搭載しデジタルツインをリアルタイムで簡単に作成

用途の例:
・ロボット工学
・ヘルスケアアプリケーション
・デジタルサイネージ
・体積測定

主な仕様:

Use Environment: Indoor/Outdoor
Recommended range: 0.4-6 meters
Depth Technology: Active IR Stereo
Depth Shutter Type: Global Shutter, 3μm × 3μm pixel size
RGB Sensor Technology: Global Shutter
FOV (H × V): 86°x 57° (±3°)
Intetrface: USB 3.0 Type-C
OS: Windows and Linux suppor