Etymotic Research 製の研究用途向けインサートイヤホン「Insert Earphones for Research」

ユニポスWEBサイトに、Etymotic Research 製の研究用途向けインサートイヤホン Insert Earphones for Research のページを追加しました。

Insert Earphones for Research は、裸耳(open ear)の通常の共振を模倣するように設計されているインサートイヤホンです。 生のシチュエーションで生成されるのと同じ周波数応答を鼓膜で音声として再現することを目的としており、語音聴力検査に使用されます。

取り扱い製品の一例

ER1 Insert Earphones

特徴
Flat frequency response referenced to the sound field
70+ dB isolation between ears: reduces the need for masking
Eliminates collapsed ear canal problem
30+ dB external noise exclusion

技術仕様
Sensitivity (@1 kHz) SPL at 0.1v : 105 dB SPL for 1V rms drive
Impedance (@1kHz) : 10 Ohms nominal
Acoustic Polarity : +Electrical = + Acoustic
Technical Specifications :

ER2 Insert Earphones
– ヒトや動物を対象とした実験において16kHzt帯域が必要とされる場合に適したモデル

特徴
Flat frequency response at the human eardrum
For research with humans and animals when a 16 kHz bandwidth is required
Accurate reproduction of signals recorded on the KEMARR manikin (with flat-response microphone)
70+ dB isolation between ears: reduces the need for masking
30+ dB external noise exclusion

技術仕様
Sensitivity (@1 kHz) SPL at 0.1v : 100 dB SPL for 1V rms drive
Impedance (@1kHz) : 10 Ohms nominal
Acoustic Polarity : +Electrical = + Acoustic
Technical Specifications :

Etymotic Research 社について

聴覚学の研究者、Mead Killion博士により1983年に米国で設立された研究開発メーカー。

社名の Etymoticは”true to the ear.” の意をもち、聴力の正確な評価、難聴者の生活の改善、聴覚の保護、世界中のミュージシャンや音楽愛好家のリスニング体験向上のための製品を設計し続けています。