【製品紹介】Spot : 自律四足歩行ロボット

ユニポスWEBサイトに、自律四足歩行ロボット 「Spot」 のページを追加しました。

Spot は、米国 Boston Dynamicss社製の自律四足歩行ロボットで、オンボードセンサにより周囲の2Dおよび3D情報を収集しながら動作するため、障害物を避けながらバランスをとり、階段や起伏の多い地形などでも安定走行することが可能です。

また 14kgまでのペイロードに対応しており、カメラやセンサ、コンピュータといった様々な外部ハードウェアを搭載することでセンシングやデータ処理機能を強化し、例えば工場や施設内の定期的な検査タスクやデータキャプチャ等を安全かつ正確に、高い頻度で実施できるよう自動化することができます。

活用分野

  • 製造業 – 自律的な工場内検査、デジタルツインの作成
  • 建設業 – 建設現場の進捗状況検査、デジタルツインの作成とBIMとの比較
  • 電力・ユーティリティ – 危険な環境のリモート検査
  • 学術研究 – 研究・教育、アプリケーション開発
  • 鉱業 – トンネル検査・測定
  • 石油・ガス – 危険な環境のリモート検査
  • 公共安全 – リモート監視、危険物の遠隔検査
  • エンターテイメント – プログラミングによるロボットパフォーマンス

 

Spot の 主な特徴

  • 14kg (30 lbs)までのペイロード
  • 90分の稼働時間
  • 障害物回避
  • 階段や複雑な地形のナビゲーション
  • 手動運転/自律運転
  • IP54規格準拠
  • フレキシブルなAPIとPython SDK
  • プレミアムサービス・サポート

詳細はメーカーWEBサイトをご覧ください。

外部ハードウェア (Payloads)

Spot には、外部ハードウェアを取り付けるためのマウントレールが備わっており、14kg までの重さのハードウェアを搭載して走行することができます。メーカーでも専用のアームやカメラ、センサ等が用意されておりますので、併せて利用することでSpotを強化することが可能です。

  • SPOT ARM (ロボットアーム)
  • SPOT CAM+ (360度カメラとPTZカメラ)
  • SPOT CAM+IR (360度カメラ、PTZカメラ、赤外線カメラ)
  • SPOT GXP (General Expansion Payload)
  • SPOT CORE I/O (デバイス接続、CPU・GPUによる処理、通信)
  • SPOT EAP 2 (LIDARセンサ)
  • RAJANT KINETIC MESH RADIO KIT (ネットワーク確立による遠隔操作)
  • PERSISTENT SYSTEMS RADIO KIT (ポイント・ツー・ポイント通信)

各Payloads の詳細はメーカーWEBサイトをご覧ください。