生体信号取得(脳波など)ヘッドセットおよびボード等「OpenBCI 製品」

■こちらは、2016年10月14日に投稿された記事のため、情報の内容が古い可能性があります。

ユニポスWEBサイトに、生体信号取得 (脳波など)ヘッドセットおよびボードなどを取り扱うOpenBCI 製品 のページを追加しました。

OpenBCIは、脳波や筋電図、心電図などの生体信号を取得する、オープンソースのヒューマンインターフェースを開発するメーカーです。3Dプリンタによる出力が可能なヘッドセットや
接続ボード、アクセサリなど各種取り扱っております。

【取り扱い製品の一例】

ultracortex_mark3_nova.jpg

Ultracortex Mark III “Nova”
https://www.tegakari.net/wp-admin/edit-tags.php?taxonomy=post_tag 3Dプリンタで出力が可能なヘッドセット。
EEG(脳波)、EMG(筋電図)、ECG(心電図)の記録が可能です。”Nova”は8チャンネルまでのEEG,EMG,ECGデータを記録可能です。

openbci_32bit_boardkit.jpg

OpenBCI 16-channel R&D Kit
Arduino互換の8チャンネル神経インタフェース 32bit Boardを含むキット。

openbci_16ch_rdkit.jpg
OpenBCI 16-channel R&D Kit
8チャンネルの32bit Boardに8チャンネルを追加できるDaisy Moduleが加わったキット(計16チャンネル)。