衛星測位システムからのデータ受信ボード「UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready)」

ユニポスWEBサイトに、衛星測位システムからのデータ受信ボード UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready) のページを追加しました。

UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready) は、GPS/米国、GLONASS/ロシア、Galileo/欧州、BeiDou/中国、QZSS/日本、SBAS といった衛星測位システムからのTIMEとRAWデータを受信する、UBLOX社製モジュールNEO-M8Tを搭載した評価ボードです。わずか40×18mm / 8.1g と超小型・軽量のボード上に、SMAアンテナコネクタを備えており、RTKシステムやUAVシステム、ロボット、ラジコン、FPVシステムなどへの搭載に適しています。

【主な仕様】

・72-channel u-blox M8 engine GPS/QZSS L1 C/A, GLONASS L10F, BeiDou B1 SBAS L1 C/A: WAAS, EGNOS, MSAS Galileo-ready E1B/C
・SuperSense Indoor GPS, -167dBm
・On-board Ultra low noise 3.3V voltage regulator and RF filter for noise blocking
・USB, I2C and Uart (Tx,Rx) RAW data out avail
・Support active antenna
・u-center GPS Evaluation Software
・Extensive visualization and evaluation features
・Supports AssistNow Online and AssistNow Offline A-GPS services
・1 TTL UART port, 1 USB port, 1 I2C port
・Time pulse LED
・Flash memory for firmware upgrade and settings inside in the module(can save setings without battery)
・Battery for HOT module start
・Dimensions: 40x18mm
・Weight 8.1 gram
・Fully assembled and ready to use