エンジニア向け熱物性の計算のためのソフトウェア「He3Pak」

ユニポスWEBサイトに、エンジニア向け熱物性の計算のためのソフトウェア He3Pak のページを追加しました。

Horizon Technologies社の流体特性パッケージ He3Pak(UI, ユーザーインターフェイス)は、飽和圧力、飽和密度、融解圧力と密度、流体と状態、熱伝導率と粘度、表面張力などの方程式に
基づき開発されたソフトウェアです。ヘリウム3(3He)の熱力学特性と輸送特性の両方を計算できます。

気液平衡、固液平衡、圧縮液体、実ガス、および臨界領域をカバーします(p-ρT、比熱、音速などの計算の不確かさは、一般的に±1%以内です)。基礎物理学、宇宙技術、核融合、極低温工学、特にミリケルビン冷凍技術など多くの分野で使用されています。新しいバージョンでは、データプロットなどの機能の提供が追加、ならびに単位変換、データ出力、印刷などの多くの機能が改善されています。

この他の Horizon Technologies 社の取り扱い製品につきましては、別途お問い合わせください。

He3Pak

ヘリウム3(3He)の臨界および通常の沸点は、それぞれ3.3157 Kおよび3.1968 K、3Heは、0.0026 K未満の超流動相に遷移しています。
He3Pakは、以下の(a)~(f)の方程式に基づき開発されたソフトウェアです。

(a)飽和圧力: 2.6 mK ~ 臨界点3.3157 Kまで
(b)飽和密度: 2.6 mK ~ 臨界点3.3157 Kまで
(c)融解圧力と密度: 2.6 mK~35 Kまで
(d)デバイ流体状態: 温度2.6 mKから1500 K, 限界圧力 20 MPaまで
(e)熱伝導率と粘度: 温度2.6 mK ~ 500 K, 限界圧力 20 MPaまで
(f)表面張力: 3 mK ~ 3.3157 Kまで

ライセンスについて:
He3Pak v2.0 Stand-Alone Executable,  (32 bit) Single User, New License, for Helium-3 properties.
Helium-3プロパティ用のシングルユーザーライセンス、スタンドアロンの実行可能ファイル、静的ライブラリ、ActiveX DLLを含む

特徴:
・スタンドアロンの実行可能ファイル
・Fortranコンパイラによって作成された静的ライブラリファイル(He3EOS.lib)
  - 関数/サブルーチン
  - Fortran(C/C ++)コードプロジェクトに組み込み可
・Windows Dynamically Linked Libraryファイル(He3EOS.dll )
  - 関数/サブルーチンへのインターフェイスを提供
  - Excel VBA, 他の言語プログラミングに使用可
・COM dll(He3EOSCOM.dll)
  - C / C ++、C#、VB、VBA、Fortranのコードによってhelium-3プロパティ関数を呼び出し可 *
  * COMコンポーネントサーバーを登録が必要