C や C++言語での組み込みシステム開発における標準規格「MISRA 規格」

ユニポスWEBサイトに、CやC++言語での組み込みシステム開発における標準規格 MISRA 規格 (MISRA C / MISRA C ++) のページを追加しました。

MISRA 規格は、MISRA (Motor Industry Software Reliability Association)によって開発された標準規格です。 元々は自動車業界向けに開発されたものですが、現在では産業、鉄道、航空宇宙、医療といった幅広い分野での組み込みソフトウェア開発における標準規格として扱われています。

安全性が求められるCritical Systemsにおいて、C言語を利用するためのガイドラインとなる MISRA C:2012 と、同じく C++言語を利用するための MISRA C++:2008 の 2種類があります。

取り扱い製品の一例

MISRA C:2012 (MISRA C3)
– Guidelines for the use of the C language in critical systems

MISRA C++:2008
– Guidelines for the use of the C++ language in critical systems

その他 MISRAによる各種ガイドラインやレポートもございます。

MISRA Autocode (AC)

・MISRA AC GMG
– Generic modelling design and style guidelines

・MISRA AC SLSF
– Modelling design and style guidelines for the application of Simulink and Stateflow

・MISRA AC TL
– Modelling style guidelines for the application of TargetLink in the context of automatic code generation

・MISRA AC AGC
– Guidelines for the application of MISRA-C:2004 in the context of automatic code generation

MISRA Safety Analysis (SA)
– Guidelines for safety analysis of vehicle based programmable systems