高解像度の映像撮影が可能な3Dカメラ「ZED Mini」

ユニポスWEBサイトに、高解像度の映像撮影が可能な3Dカメラ ZEDの最新版、ZED Mini を追加しました。

ZEDは、Stereolabs社の開発するパッシブステレオタイプのデプスカメラです。搭載された左右2つのカメラでside by side形式の映像を撮影できます。今回リリースされた最新モデル ZED Miniは、VR HMDに装着し、AR/MR体験が可能な製品となっています。

ZED Mini
zed_mini_img1.jpg

VR HMDと合わせることで、MR(複合現実)やAR(拡張現実)を実現可能なデプスカメラ(※HTC ViveやOculus Riftと互換性があります)。

セット内容:
ZED Mini camera
4m USB Type-C to Type-A cable
VR mount

主な仕様:
・深度感知距離: 0.1~12m
・センサ解像度: 4M pixels per sensor with large 2-micron pixels
・視野範囲: 最大110度

・映像出力解像度 (side-by-side形式):
 …2.2K : 4416×1242 @15fps
 …1080p: 3840×1080 @30fps
 …720p : 2560×720 @60fps (Stereo Passthrough mode)
 …WVGA : 1344×376 @100fps

・本体サイズ: 124.5×30.5×26.5(mm) / 62.9g
・対応OS:Windows 7 / 8 / 10 or Linux

Mixed-Reality (@90fps) システム要件:
・Quad-core 3.0GHz or faster processor
・8 GB RAM or more
・NVIDIA GTX 1070 or higher
・Windows 7, 8, 10
・USB 3.0

ユニポスでは従来モデル ZED Stereo Camera についても大好評取り扱い中です。