Intel製 V-SLAM トラッキングカメラ「Intel RealSense Tracking Camera T265」

ユニポスWEBサイトに、Intel製 V-SLAM トラッキングカメラIntel RealSense Tracking Camera T265 のページを追加しました。

Intel RealSense Tracking Camera T265 は、スタンドアロンで動作する インサイドアウト方式トラッキングデバイスです。Intel 独自のVisual SLAM (V-SLAM) テクノロジを採用しています。搭載したIntel Movidius Myriad 2.0 VPUにより、1.5Wという省電力でSLAMを実現可能で、また108x25x13mm / 55g という小型なサイズから、ロボットやドローンへの搭載など様々な分野での用途が想定されています。

【Intel RealSense Tracking Camera T265 特徴】

・V-SLAM, part of Intel RealSense Technology
High precision Visual Inertial Odometry Simultaneous Localization and Mapping algorithms.

・Intel Movidius Myriad 2.0 VPU

Visual Processing Unit optimized to run V-SLAM at low power.

・Two Fisheye lenses with combined 163±5° FOV

The camera includes two OV9282 imagers with fisheye lenses for a combined, close to hemispherical 163±5° field of view for robust tracking even with fast motion.

・BMI055 IMU
The Inertial Measurement Unit, allows for accurate measurement of rotation and acceleration of the device, to feed into the V-SLAM algorithms.

・USB 3.1 Gen 1 Micro B
USB 2.0 and USB 3.1 supported for either pure pose data or a combination of pose and images.

・108 x 24.5 x 12.5 mm
Small form factor designed to mount on any device with ease.

・2 x M3 0.5mm pitch mounting sockets
Securely attach the camera to your device with these standard mounting points on the rear of the camera.

T265は他のRealSenseデバイスとの連携が可能です

T265は赤外線カットフィルタを備えており、D400シリーズのデプスカメラからの投影パターンを無視することが可能です。そのため、両デバイスを合わせて使用することで、例えば室内マッピングや衝突回避、GPSデータが利用できない場所でのナビゲーションなどの高度なアプリケーションの実行を容易に実現可能です。