推論処理を実行可能なUSBスティック型CNNモジュール「Orange Pi AI Stick」

ユニポスWEBサイトに、推論処理を実行可能なUSBスティック型CNNモジュール Orange Pi AI Stick のページを追加しました。

Orange Pi AI Stick は、中国 深センで開発されている小型ボードコンピュータ Orange PiシリーズのAIスティック。USBスティック型のモジュールをマシンに接続することで推論処理を実行することが可能です。

Gyrfalcon Technology社のCNNアクセラレータチップ Lightspeeur 2801Sを搭載しており、同社独自の技術であるAPiM(AI Processing in Memory / メモリでのAI処理)機能により、演算処理の高速化と低消費電力化を実現しています (300mWの低消費電力で2.8TOPSの処理性能)。

【主な仕様】

AI Processor
– Series of the Chip: Lightspeeur
– Module of the Chip: SPR2801S
– High Energy Efficiency: 9.3 TOPs/Watt
– Ultra Low Power: 2.8 TOPs @300mW
– Best Peak Performance: 5.6 TOPs @100MHz
– Hardware Interface: SDIO3.0 eMMC 4.5
– Sealed Package of the Chip: BGA (7mm*7mm)
– Fabrication Process: 28nm

Type of Connection : USB 2.0,USB3.0 Type-A

Speed(MAX) : read bandwidth = 68.00 MB/s, write bandwidth = 84.69 MB/s

Supported Framework : Caffe, PyTorch, (TensorFolow will be supported soon)

Supported Model : VGG,SSD

Operating System : X86 Linux(Ubuntu 16.04) ARM Linux ARM Android(ARM v7,ARM v8)

Working Voltage : DC 5V 200mA

Physical Dimension : 66.5 mm x 20.5 mm x 10.8 mm

Training Tool : Plai (“full-stack”Framework Based on PyTorch) ※

Software : “SDK of ARM、X86 SDK, Built-in 1-2 model demonstrations; Model training tool Plai”