PCI Express拡張カード7枚搭載の検査用PC例

お客様より頂いた、検査用PCのご相談を事例としてご紹介します。

お客様がご利用中の補助電源供給が必要な拡張カードを、7枚搭載できるPCを検討されているとのことでご相談をいただきました。この拡張カードが 7枚搭載された状態で確実に動作することを確認した上で、ご購入を検討されたいということでしたので、お客様より拡張カードの実物をお預かりし事前検証を行いました。

拡張カードは「PCI-E 6ピン電源供給タイプ」と「ペリフェラル4ピン電源供給タイプ」の2種類で、それぞれをPCに搭載し、動作に問題がないことを確認した上で以下のPC構成をご提案をさせていただきました。なおお客様は I2C衝突をご心配されておりましたが、本構成では衝突を防ぐためのMUXチップが搭載されており、その点も問題がございませんでした。

【主な仕様】

CPU Xeon Silver 6226R (2.90GHz 16コア)
メモリ 32GB (8GBx4) ECC REG
ストレージ 480GB SSD S-ATA Intel DC
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (200x430x460 mm)
+ ニプロン電源 連続最大容量 1200W (ピーク1500W)
OS Windows 10 Professional 64bit
その他 補助電源用追加出力ハーネスケーブル

ご要望に応じ、事前のテストや試作サービスも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

※こちらの事例における 拡張カードの動作確認については、サポート事例紹介記事を公開しております。ご参照くださいませ。

【お客様ご指定検証の例】指定PCI-Eカード7本構成の動作確認