腕を備えた移動ロボット(研究向モバイルマニピュレータ)「hello robot Stretch Research Edition (Stretch RE)」

ユニポスWEBサイトに、腕を備えた移動ロボット(研究向モバイルマニピュレータ) Stretch Research Edition (Stretch RE)のページを更新しました。

Stretch Research Edition (Stretch RE)は、腕を備えた有能な移動ロボットで、スタートアップ、企業、および大学におけるマニピュレータの研究に最適です。

3Dカメラ、9自由度の慣性計測ユニット(IMU)とLiDAR、車載コンピュータなどを搭載した自律移動ロボットに、 人間の腕の代わりとなる細い伸縮アーム・グリッパーが取り付けられています。家庭や職場の人々と一緒に働くよう設計されており、 おもちゃを拾う、乾燥機から洗濯物を取り出す、子供とゲームをするなど、さまざまなことを遠隔操作で行うことができます。

hello robot社について
元Google社員のAaron Edsinger氏と、ジョージア工科大学のCharlie Kemp教授により設立されました。 ロボットの活用により、高齢者、障害者、介護者がより豊かで生活しやすくなるようモバイルマニピュレータ開発に取り組んでいます。

 

Stretch Research Edition (Stretch RE)  

グリッパー、コンピューター、センサー、ソフトウェア ならびに Pythonでの自律デモが用意されているモバイルマニピュレータ。
(PythonインターフェースとROS統合 / キャリブレーション済み)

 

主な特徴

・コンパクトなモバイルベース部分と細めのマニピュレータによりスッキリとした作業が可能
・自律性に優れており、移動も簡単
・遠隔操作が可能
・ナビゲーションと操作が簡単
・ソフトウェアはすべてオープンソース … 詳細はこちら(メーカーページ)

 

セット内容

・Stretch RE1(本体)
・Compliant gripper *
・Battery charger
・Teleoperation controller

* バネとゴム製の吸盤が指先の役割をした物体をつかむことに優れたグリッパー。高い摩擦力で対象物と接触できることから、小さな錠剤も掴むことができます。グリッパー用のROSインターフェースとURDFモデルが用意されています。

 

仕様

General
– Weight: 23 Kg
– Height: 141 cm
– Footprint(Stowed) : W 34 x L 33 cm
– Voltage: 12VDC
– Battery: Deep Cycle SLA / Capacity 18AH

Base
– IMU: 9 DOF FXOS8700(3軸加速度計 + 3軸磁気センサ) + FXAS21002(3軸ジャイロセンサ)
– Laser Range Finder: Slamtex RPLidar A1 / FOV: 340°
– Max speed: 0.6 m/s
– Compute: Intel NUC-8 w/Intel Core i5-8259U Prosessor

Manipulator
– Lift: Range of motion: 110cm /  Max speed: 0.2 m/s
– Arm: Range of motion: 52cm /  Max speed 0.2 m/s
– Payload: 1.5Kg (no gripper)

End of Arm
– Accelerometer: 3 DOF
– Wrist Yaw: Range of motion: 330°

※仕様は予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください。