ToF方式のデプスカメラ Vzense DCAM の新ラインアップ「DCAM550」

ユニポスWebサイトの ToF方式のデプスカメラ Vzense DCAM に新しいラインアップ「DCAM550」が加わりました。

Vzense Technology 社製のToF (Time-of-Flight)方式のデプスカメラには、コンピュータの作業負荷の軽減による「速さ」、 PII(個人識別情報, personally identifiable information)の保護に最適な「安全性」、優れた距離精度による「正確さ」といった特徴があります。

Vzense DCAM550は、これらのToF方式のデプスカメラの特徴を有した、搬送や運搬業務の自動化に特化したAGV/AMR向けデプスカメラです。

 

DCAM550 – AGV/AMR向けモデル

AGV/AMRとは:

AGV(automatic guides vehicle) は、指定ルートを無人かつ自動で走行してモノを運ぶ搬送用台車です。これに対してAMR(autonomous mobile robot)は、人や物などの障害物を自動的に回避して走行できる自律走行方の搬送ロボットです。人手不足による作業・業務軽減など社会的な課題に対し、搬送業務の自動化のために注目されています。

DCAM550の仕様:

Sensors : TOF CCD
Laser emitter : 850 or 940nm, 2×VCSEL
TOF resolution : 640×480,30FPS
Depth sensing FOV : 850nm – 69°(H)×51°(V) / 940nm – 58°(H)*44°(V)(Customizable)
Output format : RAW12 (depth, IR)
Interface : USB 2.0 Tybe A or Ethernet (Selectable) and DC Jack
Indicator : RGB LED
Working range : 0.2m-8m (Customizable)
Working temperature : -20℃-50℃
OS compatibility : Android/Linux/Windows7/8/10
Algorithm/Softwarev : C/C++ SDK, OpenNI, ROS

電力供給:

DCAM550-P
–  ケーブル 1 本でネットワークへの接続と電力供給の両方が可能なPoE(Power over Ethernet) および 5V-9V(DC経由)
DCAM550-U
– 5V USB経由 および 5V-9V(DC経由)

 

活用分野:
ロボットビジョン、物流、ロジスティクス  など

 

今回ラインアップに新たに加わったVzense DCAM550の他、ToF方式を採用した 評価キット(DCAM710)、顔認識用 (DCAM305)、商用 (DCAM500)、産業用 (DCAM800/DCAM800 Lite) など、様々なモデルがあります。ご用途に合わせてお選びください。