単結晶構造解析ソフトウェア「SHELX」

ユニポスWEBサイトに、単結晶構造解析ソフトウェア SHELX のページを追加しました。

SHELXは、独国 ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン 名誉教授 George M. Sheldrick氏によって開発された、単結晶X線回折および中性子回折による、小分子 (smallmolecular -SM) と 高分子 (macromolecular -MM) の結晶構造決定のためのプログラムです。
SHELXのプログラムは、shelXle, Olex2, Oscail, WinGX, hkl2map, CCP4I2, CCP4 online などのGUIや、ターミナルウィンドウのコマンドラインから呼び出すことが可能です。なおLinux, Windows, MacOSXでの互換性があります。

SHELXは、アカデミック用途の場合は無償でご利用いただけますが、営利利用する際にはライセンスをご購入いただく必要がございます。

【SHELX-2019 に含まれるプログラム】

SHELXT
– New small molecule (SM) structure solution program.

SHELXS
– Classical direct methods for SM structure solution.

SHELXL
– SM and MM refinement, more or less compatible with SHELX76 and SHELXL-97.

PDB2INS
– Preparation of .ins and optionally .hkl files for macromolecular
refinement with SHELXL. For structures already deposited with the PDB,
only the four character PDB code is required. In about 95% of cases
where the PDB deposit includes reflection data, a SHELXL refinement may
then be started without needing to change these files.

CIFTAB and ShredCIF
– Editing and processing SM CIF files from SHELXL.

SHELXC, SHELXD and SHELXE
– MM phasing. SHELXD is also useful for SM direct methods.

AnoDe
– preparation and analysis of MM anomalous density maps.