「Intel RealSense LiDAR Camera L515」 が本日入荷しました

超小型・高解像度のLiDARデプスカメラ Intel RealSense  LiDAR Camera L515 が本日入荷しました。

Pre-Order にてご注文頂いたお客様へは本日より順次発送いたします。
次回入荷状況につきましては、ユニポスWEBサイトをご確認ください。

お問合せ・ご購入はユニポスWEBサイトからどうぞ!

Intel RealSense  LiDAR Camera L515 について

高解像度・高精度の深度データを必要とする屋内アプリケーションの開発に重点をおいたデプスカメラ。Intel社独自のMEMS(Micro-Electro-Mechanical System)ミラースキャンの技術による、 高いレーザー出力効率の向上と、深度ストリーミングの低消費電力も魅力的です。出力距離は、最短 0.25m から最長9mと幅広く、IMUも搭載、ロジスティクス、ロボティクス、3Dスキャニングといった幅広い用途でご使用頂けます。

主な特徴:
・IMU、赤外線(IR)光源、LiDARを搭載
・広い視野角により、水平・垂直・斜めにデータを測定可能
・MEMS(Micro-Electro-Mechanical System)による低消費電力と高い出力効率

主な仕様:
・Laser Scanning
・RGBカメラ: 2MP Rolling Shutter
・視野角(FOV):
– 深度: H70°x V:55°(H:+/-2°, V:+/-2°)
– RGB: H:70°x V:43°(H:+/-3°, V:+/-2°)
・インターフェース: USB 3.0 Type-C
・対応OS: Windows and Linux support

システム要件:
– USB 3.1 Gen1
– Ubuntu 16.xx/18.04 LTS
– Windows 10 (build 15063 or later)

セット内容:
– Intel RealSense LiDAR Camera L515 本体
– ミニ三脚
– 三脚用ブラケット(1/4″20 UNC、ネジ)
– USB 3.0 Type-C ケーブル (3.1 Gen)