Metashape 空撮写真 1,000~2,000枚 処理想定の構成例

ドローンで撮影した1,000~2,000枚程度の写真 (1,200万画素のものを想定)を、「Height-field mode」「Ultra high quality」で3Dモデル構築処理することを想定した構成例です。
並列処理の恩恵が受けられるようCPUは12コアのCore i9を、メモリは128GBを搭載し、GPUにはGeforce RTX2080Tiを2基、搭載しています。

最新のMetashapeは、コア数による速度アップが比較的有効になっていますので、メモリ容量が十分な場合にはCPUのコア数を増やすことをお勧めいたします。

【主な仕様】

CPU Core i9 10920X (3.50GHz 12コア)
メモリ 128GB (32GB x4)
ストレージ1 1TB SSD M.2
ストレージ2 4TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA Geforce RTX2080Ti 11GB x2
ネットワーク on board(10/100/1000Base-T x1)
筐体+電源 タワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行543 mm) + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit