遺伝子発現解析用マシン (2022.09月版)

事例No.PC-8850を現行スペックにした構成のご提案です。

CPUはThreadripperPRO 3975WXから5975WXに変更しています。どちらも同じ32コアですが、クロックは5975WXの方が高いです。

その他、ビデオカードの終息にともない、P400からT400に変更しています。

本事例は既存事例のスペックを最新版に変更した内容ですが、用途やご利用ソフトウェア、ご予算などの条件に合わせて構成をご提案します。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

【主な仕様】

CPU Ryzen ThreadripperPRO 5975 (3.60GHz 32コア)
メモリ 256GB
ストレージ1 1TB SSD S-ATA
ストレージ2 16TB HDD S-ATA
ビデオ NVIDIA T400
ネットワーク on board (1GbE x1 10GBase-T x1)
筐体+電源 タワー筐体 + 1000W
OS Ubuntu 20.04